スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さい銭の額面「11104」、さて何と読む?(読売新聞)

 「商売繁盛の神様」で知られる伏見稲荷大社(京都市伏見区)で4日、正月三が日分の「さい銭勘定」が始まり、白衣姿の銀行員8人が大量の紙幣や硬貨を慣れた手つきで数えていった。

 同大社によると三が日の初詣で客は昨年より4万人少ない273万人。境内約50か所のさい銭箱から集められたさい銭は、計数機を使っても、すべて数え終わるのに5日間かかるという。

 不況を笑い飛ばすという意味で「8888(ハッハッハッハッ)」や、「11104(いい年)」など語呂合わせした額面の小切手もあり、同大社は「福を招き入れようとする強い思いが伝わってくる。景気回復につながれば」。

三河の殿様
まさひろのブログ
携帯ホームページ
出会いランキング
カードでお金
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。