スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄訪問「しかるべき時機に」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関連し、「現地の声を十分にうかがいたい。しかるべきタイミングが来たときには必ず(訪問)したい」と述べ、25日の沖縄県民大会など地元の動きを見極めた上で移設先を訪れる考えを示した。
 また、ヘリ部隊の移転先として検討されている鹿児島県・徳之島で大規模な反対集会が開かれたことについて、首相は「民意の表れだ。移設問題について、そういう民意を勉強しながら真剣に検討している」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)
<高速料金制度>民主党の川内氏が異議 足並みの乱れが露呈(毎日新聞)
本屋大賞に冲方丁さん(時事通信)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
カラスの巣が原因で停電、藤沢で2200世帯(産経新聞)

<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)

 佐田登志夫さん84歳(さた・としお=東京大名誉教授、精密機械工学専攻)13日、肺炎による慢性呼吸器不全のため死去。葬儀は17日午前11時、東京都文京区大塚5の40の1の護国寺桂昌殿。喪主は妻一江(かずえ)さん。

 「コンピューターモデルによる設計生産の総合化」(共同研究)で96年に日本学士院賞を受賞した。

<村本さん銃撃>死因は銃弾による失血 警視庁発表(毎日新聞)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕-福岡県警(時事通信)
「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で(読売新聞)

医療分野の素案明らかに-民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)

 民主党が夏の参院選に向け取りまとめを急いでいるマニフェストのたたき台となる医療分野の素案が明らかになった。新型インフルエンザへの対応策や海外で使われている医薬品が日本で使えない、いわゆる「ドラッグ・ラグ」を解消するための承認審査体制の強化、予防医療の推進などが新規項目に挙がっている。

 厚生労働省が所管する医療分野の政策は、▽新型インフルエンザ等への万全の対応▽日本発の革新的な医薬品等の研究開発推進▽自殺対策の推進▽予防医療の推進―など。民主党「国民生活研究会」(中野寛成会長)の医療分野を担当する分科会は月内に、この素案を基に追加の項目を検討し、同分野のマニフェストの方向性を固める方針だ。その上で、党のマニフェストを決める「企画委員会」に見解を報告する。
   
 4月12日の厚労省政務三役会議では、党の参院選マニフェスト作りにどのように関与するかが話し合われた。政務三役会議後の記者会見で足立信也政務官は、「国民生活研究会の分科会には、新たに加えていただきたい厚労省の項目を挙げた。来週は、政府と党で整合性の取れない部分があるといけないので、すり合わせをする」と述べた。

 素案では、新型インフルエンザに対応するために、5年以内に全国民分の新型インフルエンザワクチンを約半年で生産可能な体制を構築する。所要額として約1200億円を想定している。ドラッグ・ラグの解消では、審査人員の拡充だけでなく、ガイドライン策定を通じた審査基準の明確化や、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の体制整備が検討課題だとしている。

 自殺対策の推進については、自殺の背景に多く見られるうつ病など精神疾患への地域保健医療体制の整備を進める。予防医療の推進のための具体策では、予防接種制度の見直しや「包括的なたばこ対策」が必要だと指摘し、たばこ事業法を改廃して新たな枠組みを構築するなどとしている。


【関連記事】
「医療機器は成長産業」-民主議連作業チームが初会合
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議

立教大生殺害で公的懸賞金=有力情報に上限300万円-殺人罪の時効まで1年(時事通信)
<ヤマハ>特許権侵害で提訴 半導体メーカー「アクセル」(毎日新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で-成田空港(時事通信)
<無登録営業容疑>避妊具自販機の投資話で岐阜県警3人逮捕(毎日新聞)

練習船、咸臨丸航跡追い“海”横断(産経新聞)

 幕末に日米修好通商条約の批准書を交換するため、日本の遣米使節団を乗せた米ポーハタン号を護衛し、太平洋を横断した咸臨丸の偉業から今年で150周年。使節団が寄港した米サンフランシスコでは記念行事が企画され、そこに大学生の実習生らを乗せた航海訓練所(横浜市)の練習船「海王丸」(2556トン)が参加する。海王丸は7日に東京港を出航し、咸臨丸と同じ航跡をたどり米国に向かう。

 海王丸は航海士や機関士を目指す学生の実習に使われている船で、咸臨丸と同じ帆の構造を持つ帆船。無風のときなどはエンジンで航行するが、それ以外は帆を調整しながら帆走する。

 今回、太平洋横断の大航海を担うのは、東京海洋大や神戸大などの実習生92人。航海士を目指す東京海洋大3回生の白井友子さん(22)は「帆を張るためのロープが重くて大変だけど、いい機会なので歴史の勉強もしたい」と意気込む。指導にあたる次席1等航海士の岩崎裕行さん(34)は「帆船は1人では動かせず協力が必要。船が学生を育ててくれる」と話す。

 一般から募った研修生12人(29~68歳)も参加する。なかには、咸臨丸の機関士だった小杉雅之進の子孫、正井良治さん(62)もおり、先祖の航跡に思いをはせているという。

 使節団が携えた条約批准書に代えて、咸臨丸の出発地だった浦賀(神奈川県横須賀市)の小学生が「サンフランシスコの友達へ」などをテーマに書いたメッセージを運ぶ。記念行事で贈呈されるという。

 海王丸は、5月5日にサンフランシスコに到着。現地での記念行事に参加後、同9日にサンフランシスコを出発。咸臨丸も経由したホノルルに寄港し、6月8日に東京港に戻る予定だ。

 

<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
<上関原発>反対派の島民 妨害禁止決定で広島高裁に抗告(毎日新聞)
関西プレスクラブが例会 京都吉兆社長が講演 大阪(産経新聞)
JR不採用、和解金2200万…政府案決着(読売新聞)

<公務執行妨害>パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕(毎日新聞)

 4日午後11時40分ごろ、沖縄県北谷(ちゃたん)町美浜の町道で、タクシー強盗事件で検問中だった県警のパトカーに軽ワゴン車を衝突させ、運転していた男がそのまま逃走。沖縄署は直後に男を取り押さえ、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 沖縄署によると、男は黒人の少年で、容疑を認めている。「自分は16歳の高校生で、米兵の子ども」と供述しているという。

 軽ワゴン車はパトカーに衝突後、さらに近くの自動販売機にぶつかって停車した。少年は約150メートル走って逃げたが、追いかけた警察官に捕まった。けが人はなかった。車は同日夕に同町内の住民から盗難届が出ていた盗難車だった。

 同町では同日午後9時半ごろ、黒人とみられる男2人がタクシー運転手から現金を奪う強盗事件が発生し、同署は緊急配備を敷いて捜査中だった。今回の現場と強盗事件の現場が約2キロと近く、少年の着衣が強盗事件の2人組の1人と似ており、関連を調べている。【扇沢秀明】

【関連ニュース】
強盗:新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州
強奪:3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜
強盗:パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川
強盗容疑:万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕
強盗:ビジネスホテルのレジから100万円 三重・亀山

<自殺>最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析(毎日新聞)
多重債務者「食う」弁護士、2次被害が続出(読売新聞)
<不審火>留守の家に侵入 現金盗み放火か 名古屋・北区(毎日新聞)
福井の荒島岳 男性遺体発見(産経新聞)
日医新会長に原中氏=民主とのパイプ強調し集票(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。